ATCの南港音楽祭=南港サンセットホール=南港アーチストフェス

大阪南港ATCで開催している、南港音楽祭、南港サンセットホール(音楽ホール)、南港ダンスフェス、、、などATCやその他周辺イベント情報をご紹介する、南港ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

4/12 Daionコンサート夕映えの海とともに響きあうピアノとソプラノ

大阪音楽大学Presents 
Daionコンサート夕映えの海とともに
響きあうピアノとソプラノ


平成20年12日(土)
17時開演

●出演
ピアノ  岩佐明子
ゲスト
ソプラノ 掛戸有美

●プログラム
L.v.ベートーヴェン エリーゼのために
R.シューマン アラベスク作品18
R.シューマン 幻想曲第1楽章作品17
F.シューベルト 野薔薇
F.シューベルト ます
J.ハイドン オラトリオ「天地創造」より
今や新たなる緑、野に萌え
C.ドビュッシー アラベスク
F.ショパン マズルカ作品24より
F.ショパン 英雄ポロネーズ作品53

開演前です。いつも長蛇の列ができます。
DSC_0019.jpg

岩佐さんのMCです。わかりやすい解説付きで、演奏会は進んでいきます。
DSC_0027.jpg

南港を背に素敵な演奏です。
DSC_0029.jpg

掛戸さんの登場です。
DSC_0043.jpg

DSC_0049.jpg

とても、ゆったりとした演奏会でした。楽しい時間のまま、夕べはふけていったのでした。
ありがとうございました。

出演者の声です。
岩佐さん
素晴らしい雰囲気の中で演奏させていただきました。初めて聴いていただく、お客様が多く良い機会を与えていただき、ありがとうございました。
掛戸さん
お客様の笑顔がとても温かく、気持よく演奏できました。柔らかい雰囲気の中、演奏させていただけることが幸せです。

ありがとうございました。
ますますのご発展をお祈りしています!!



スポンサーサイト

PageTop

4/6 ROLAND Presents 橋本楽器コンサート & みどり祭り

ROLAND PRESENTS 橋本楽器コンサート & 
みどり祭 


4/6(日)

この日はいたるところで賑やかでした。

まず、ROLAND PRESENTS 橋本楽器コンサートでは、なんと総勢40名の演奏者が出演。
小学生から大人までと非常に幅広い年齢層で午後からずっと生演奏でした。
ROLAND社がほこる、電子楽器V-Drumsや、電子オルガンATシリーズを使用したり、トランペットも登場したり、多種多様の楽器を一堂に見ることができたのでした。

DSC_0198.jpg

そして、、、
ATCの潮風のステージでは、南港みどり祭を開催。バレンタインの時に、積雪をバックにボサノバを披露してくれた、クリス&エジソンによるライブと、地元住吉商業フォークソング部による懐かしくて春にぴったりの、80年代J-POPライブがありました。

クリス&エジソン あたたかな春の風と日差しにぴったりの心地よい歌声はいつ聴いても良いですね。。。
DSC_0330.jpg

お馴染み住吉商業フォークソング部です。 とてもさわやかでした。歌声に合わせて口ずさむ人も・・・
DSC_0050_20080725150235.jpg

みどり祭とは、南港の街をみどりで活性化しよう!というのが目的で始まったわけでして、オズパークには、煎茶の野点があり、おいしい和菓子と煎茶をふるまいました。
DSC_0217.jpg
DSC_0230.jpg
DSC_0255.jpg







PageTop

4/5 坂本和哉 ヴァイオリンコンサート

坂本和哉 ヴァイオリンコンサート

日(土) 18時30分開演
場所 ATC南港サンセットホール
入場料 3,000円

和歌山県出身のヴァイオリニスト 坂本和哉さんによるコンサートでした。
ヴァイオリンの単独コンサートは、でして、ヴァイオリンの音色に包まれて、とってもリッチな気分になった夕べでした。

●プログラム

ヴァイオリン&ピアノ
ハンガリー舞曲 第5番 (ブラームス)
愛のあいさつ (エルガー)
白鳥 (サン=サーンス)

アリ王子のお通り(アラジンより)
ホール・ニューワールド(アラジンより)
ジッパ・ディ・ドゥ・ダー(南部の唄より)
美女と野獣(美女と野獣より)
ビビディ・バビディ・ブー(シンデレラより)

ピアノソロ
ソナタ2番 Op.19

ヴァイオリン&ピアノ
ホーム・スィート・ホーム 
メヌエット (ボッケリーニ)
トロイメライ (シューマン)

情熱大陸(葉加瀬太郎)
エンジェル イン ザ スカイ (葉加瀬太郎)
エトピリカ (葉加瀬太郎)

リベルタンゴ (ピアソラ)
ラ・クンパルシータ
チャール・ダーシュ(モンティ)

多彩なプログラムで、聴衆のおばさま方を魅了しておられました。

チラシです。 赤と黒を基調に海辺のサンセットホールの雰囲気にマッチしてました。
DSC_0015.jpg

坂本さんは目を瞑って、演奏をするのがスタイル。
時として演奏に没頭し、前後がわからなくなることもあるのだそう・・・
DSC_0021.jpg

DSC_0038.jpg

後ろに見えるは、コンサートのポスター、そして、可愛いお花が届いていました。
DSC_0064.jpg

お客様と距離も近いので、皆さん堪能されていました。
DSC_0057_20080725155219.jpg

土曜日の夜はこうして過ぎていきました。
演奏する曲も有名な曲ばかりでしたし、坂本さんのおしゃべりも楽しい、そして、魅せるヴァイオリンで満足感たっぷりの、これぞ“プロ”というコンサートでした。
コンサート終了後には、お客さんはATCで食事をする方がたくさんいらっしゃるのですが、演奏のおかげできっと、おいしくいただいてくれたと思います。

また、来てくださいねー!!



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。